データ救済なら弊社へお任せください データ救済の事なら アドバンスドテクノロジー
データ救済 データレスキュー 修復 復元 救出 救済 回復 転送 なら弊社へお任せください
MENU (TEXT)


・ データ救済

データの救済及び、システムの回復、復旧、修復、データレスキュー、リカバリー

 

INFOMATION


・データ救済ご留意事項

・データ救済対応OS,対応メディア

・データ救済期間

・データ救済費用

・他社に差をつける弊社のデータ救済サービスと実績

・データ救済お申し込み方法
 

データ救済お問い合わせ



・データ救済緊急対応窓口


一般のお問い合わせにつきましては、メール受付窓口

まで状況を記載の上お問い合わせください。
 
 
・サーバ・RAID・NAS復旧
UNIX、BSD、Linuxのデータ復旧
 
・データ消去を最小限にする対処方法
ハードディスクなどのメディアの異変に気づいたら
 
・Mac復旧
mac 回収 復旧 修復 救出
 
 
 
 
 
 

データリカバリー
ハードディスク 修復
データサルベージ
データ救出
データレストア
mac imac mac mini mac pro ibook powerbook G4 G5 mac os x leopard os 9 os 8 apple ファイル削除 データ消去 フォーマット 領域解放 Excel Word PDF イラストレータ フォトショップ 回収 復旧 修復 救出 IEEE 1394
データ復活
データ復元
データ復元ソフト
linux復元

 

データ復旧キャンペーン
データ復旧キャンペーンについてはこちらをご確認下さい


データ消失を最小限にする対処法

 
ハードディスクなどのメディアからファイルが読めなくなった場合、その時点ではまだファイルの内容はそのままディスク内に残っています。
 
データ復旧率を下げる ワースト3
 
1、リブートや電源の入りきりを何度も繰り返す

電源のON/OFFを繰り返せば繰り返す程、確実に障害が進行します。
ディスク上の同じ箇所にヘッドが移動して浅い傷が深くなる可能性が高くなります。軽度の障害を重度にするだけの行為となりますため絶対にしないように注意して下さい。
深い傷など重度物理障害(磁性体が剥離するなど)になるとデータが完全に破壊されてしまう事がございます。論理障害と軽度の物理障害は同じ様な症状に見える事がございます。

 
2、ツール、ソフトの使用
パソコンに少々詳しい程度のスキルでは障害の程度が判断できません。障害が重い場合はツールによるアクセスだけでもディスク内のデータが変更され、復旧が困難となる事が大変多くございます。スキャンディスク(Windows98系)、チェックディスク(WindowsNT系)、市販のソフトなどは軽度の論理障害にのみ効果があります。障害の程度が不明な状況でハードディスクにアクセスする事は非常に危険な行為です。
 
3、費用のみで復旧業者を選ぶ
低価格のみを掲示しているサービスの多くは復旧技術も専門の設備も無く、障害の診断が正確にできない業者がほとんどでございます。いきなり電源を投入して動くかどうか、BIOSで認識するかなど素人でもできる方法で判断しています。
メディアの障害には程度があり、障害の状態によって適切な復旧方法があります。0と1ではありません。障害の程度を把握しないまま市販の復旧ツールをいきなり使う行為は大変愚かな事です。

この様な業者に貴重なデータが記録されているメディアを預け、その後、弊社へ持ち込まれるケースが後を絶ちません。
 
 
アドバンスドテクノロジー リカバリーセンターは、公共機関などの大規模サーバの「消えてはならない重要データ」の復旧を数多く手がけ、復旧技術には高い評価を頂いております。貴重なデータの復旧には「お客様にとって真のサービスとは何か」を常に考え行動する弊社の復旧サービスをご活用下さい。
 
 
■ハードディスクなどのメディアは消耗品

高価で高品質のメディアが存在しても、いつかは壊れます。現在、最も復旧しているハードディスクなどのメディアも例外ではありません。十年以上故障も劣化もしないハードディスクも中にはございますが、使用頻度、使用環境によって経年劣化の度合いが変化します。サーバ管理者でなくても「数年先には必ず故障する」という認識を持つ事が重要となります。

 
■RAIDでも100%の安全は無い
ハード的な障害に強いとされているミラーディスクやRAID5アレイを導入していても、100%の安全というものは保障されません。
データ消失が起きない確立が高いというだけのものです。
特にRAID5アレイを導入した場合、データ障害に強いという気持ちから日頃のメインテナンスが疎かになる傾向があるようです。
安心感が逆に作用してしまい、もし最初の障害に気づかないまま使用を続けた場合、その時点でRAID5の利点はゼロとなってしまいます。
データ消失の第一の原因はディスクの物理的な故障によるものですが、次に多いのが人為的な操作ミスによるものです。
その他、ネットワークのトラブルや停電、プログラムのバグなども原因となっているようですが、操作ミスにはミラーディスクやRAID5は何の役にも立ちません。
特にマルチユーザの使用を前提しているUNIX系(linux、BSD)OSのファイルシステムは、アクセス速度を下げる無駄なヘッド移動を避けるため、削除したデータが瞬時に他のデータで上書きされる基本仕様となっています。
 
■万が一、障害が発生したら
万が一のためにバックアップをとっていても、数日間のデータを失ってしまうことがあります。
たった数日間の僅かなデータですが、そのデータが重要なことがあります。
ミラーディスクやRAID5アレイでも、複数台が僅かな時間差でほぼ同時に障害が発生する場合もあります。
もし、このような時には決してあわてず、まずは速やかに電源をお切りください。
そして、機器のメインテナンス業者に連絡する前に必ず弊社のようなデータ復旧の専門業者に連絡をお取りください。
機器のメインテナンス担当者はデータ復旧に関しては何の教育も受けていない場合がほとんどです。
事故発生の時点より障害を悪化させない処置が最も重要ですので、あわてず下記の手順を実行してください。
 
1、「OSが起動しない」、「データが読めない」などのデータ障害に遭遇したら、まず電源を切る。
これは、仮に物理障害と仮定して、磁気記録面にキズがあることを想定し、1秒でもキズのある箇所からヘッドを退避させる、「最も簡単」でどなたにもできる「障害を進行させない」ための最上級の得策です。
ディスクから異音が発生している場合には既に重症です。
この場合も速やかに電源をお切りください。
 
2、異音が発生していなくても、目に見えないほどの小さなキズが発生している場合もございます。
専門の設備と技術を持つ、弊社のようなリカバリーサービス専門業者に診断を依頼することをお勧めいたします。
※ 多少PCに詳しい程度のスキルで市販の復旧ソフトなどをいきなりお使いになることは非常に危険な行為です。
却って障害を進行させてしまうことになりかねません。
データが重要な場合には、「手を加えない」ことがデータを復旧させる一番の近道です。
 
 
弊社では復旧技術と復旧スピードの向上に常日頃から研究を続け、現在は従来に比べて2/3程の納期の短縮を実現しております。
また緊急対応サービスでは365日24時間体制で連続した復旧作業も承っております。
「データは時間経過とともに価値がなくなる」といった一刻を争う多くの場面で、お客様から感謝の言葉をたくさんいただいております。
※ストレージサーバ、RAID装置、NASサーバなどのデータが読めなくなった場合は、メインテナンス業者様に連絡するより先に、まずは弊社までご連絡ください。
経験豊富な復旧エンジニアが適切な処置をご案内させていただきます。

 



 

・データ救済ご留意事項
データが消えた場合の対処方法について

・データ救済対応OS、対応メディア
業界一の多種多様なOS及びメディア対応が技術力の証

・データ救済期間
データ救済の対応期間

・データ救済費用

お客様への最善を尽す価格とデータ救済サービス

・他社に差をつける弊社のデータ救済サービスと実績
データ救済サービスは「もしも」が心配。データ救済後も充実したアフターサービスと国営機関にも納入している弊社の実績をご覧ください。

・データ救済お申込方法

データ救済 データレスキュー サルベージ 転送 データ修復 復元 救出 救済 回復 なら弊社へお任せください


株式会社アドバンスドテクノロジー 〒261-7130 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 (WBG W30F) 043-298-3900

.Copyright 1996-2006 Advanced Technologies,inc . All Rights Reserved. / Produced by ADVANCED TECHNOLOGIES design